3話 うちのたぬしりませんか?

Magical☆tanutan  3☆Do you know. next partners.

マジカルッ
アロー!!

ふぅ
これで今日も
平和が守られたな!
たぬの平和も
守れたぬ…
毎回弾にして…
だって
武器が杖しか
ないんだぜ?
飛び道具でも
あれば別かも
しれないけど
あるけど久人が
出せないだけ
たぬよね?
あれから一ヶ月
彼らに会うことはない
たまに先に倒されるが
それも
「おそらく彼らがやったのだろう」
というくらい

敵も仕事中や
寝てる間に出ることもなく
空気を読んでくれて
とてもありがたい
だが
それが危機感を
薄れさせているというのも
間違いはなかった
勿論
ピンチがなかった
わけではない
平和ではない
ということも
わかっている
念押しをして
ほしかったの
かもしれない
この星に住む
仲間に

けれど
どうやって
コンタクトを
取ったもんか
いや…方法はある
敵が現れた時に
倒さずに待っていれば
いつかはやってくるだろう
だがそれをする利点より
欠点の方が多いのだ
それに
こんなことのために
人々を見殺しに
するようなことをして
印象がよくなるとは
全く思えない
特に
あちらの狸は
こっちと違い
真面目そうだ
探しにいくにも
まとわりつく狸が
目立ってしょうがない
それは相手もだろう
ペットとして証明できれば
別だろうか?
しかし野生動物を
飼うとなると

狸を飼ってる家ェ?
うん
そういうのって役所に
届けたりする?
かも兄って
役所勤めだろ?
そりゃどうすりゃいいかって
届け出があることもあるけど
俺らに調べられることでもねーし
個人情報を勝手に調べたら
大問題になる
飼ってる時点で怒られるから
言わない人のほうが多いだろうし
子供がこっそり世話見てたとか
犬だと思ってたってのもあるから
役所で把握するのは難しいぜ?
どっちかってーと
動物病院の方が
詳しいんじゃね?

そっか
もし見かけたら
教えてよ
そいつと何か
あるのか?
んにゃ
同じコミュニティに
入らせてもらいたい
ってだけだよ
ふむ
じゃあちょっと
気をつけてみるわ
うん
お願い
……かも兄って
一人暮らしだよね?
誰か呼んでたの?
ごめん長々
お邪魔して
あー
違う違う
今甥が
こっちに
住んでんだ
そうなの?
どっちにしても
落ち着かないだろうし
俺もう帰るね
いきなり来て
ごめん

ちょっと
出かけて
きます!
なっ
ぴったしっちゃ
ぴったしだけど
もうちょっと
後で鳴れよ!
っていうか
あっちの音も
魔力反応たぬよ!
同じタイミングで
同じ着メロとか
会ってないのに
仲良いなお前ら
ってことは…
ごめん…かも兄
探し人
見つかっ
ちゃった
後で
甥っ子さんと
ちょっと
話していい?

内緒話か?
うん
まずは
探してたのは
クルトか?
クルト…そうだな
そう呼ばれてた
気がする
俺も
聞いちゃだめ?
できれば
やめて
まぁ久人があいつに
暴力振るうとも
思わないし
好きに話せばいいさ
あいつもすぐ
帰ってくるだろ
うん
まさかクルトが
狸を飼ってたとはな
灯台下暗しだ
何かそぶりとか
なかったの?
ないない

あー…でも
最近たまに部屋に
飯持っていくな
それは気付けよ
あいつ
食が細いから
安心が先にきてさ
狸にだったんだな…あの
猫まんま
餌付け飯
代表じゃ
ねーか
ただいま戻りました
ほら
帰ってきた
いってこいよ

この先に…
仲間がいる…
どうぞ
それじゃ
失礼します
えっ

ようこそ
サボりの
魔法少女さん
……ん?
魔法少女さん?
いや…えーと…
…うん…
これには深いわけが…
とりあえずえっと…
マジカル
タヌーキ
レボリューション

こういう
ことでして…
ああ
なら僕も
マジカル
タヌーキ
レボリュー
ション
こういうことです
…なるほど

かわいそうに…
えっ
あなたのその姿よ
勝手の利かない場所で
得体の知れない物と戦う…
そのため変身後は私たちの考える
組むのに最適な姿になる
ということなのに
元の
姿のほうが
勝手がいい
なんてね
姿の
タイプって
指定とか
されてんの?
ええ
パートナーの
希望で
決まるわ
ってことは
三世の
せいね
ところで何の用なの?

用っていうか…
交渉っていうか…
敵も強くなってきてるし
助けあいたいっていうか…
前はライバルみたいに
言ってたけど
違うと思うんだそういうの
青春をしたいん
ですか?
テレビみたいに
そうじゃなくて!
互いのこと知ってるんだから
やりようは色々あるってこと!
そうね
私たちを探すほどに
押し付けたい主張なら
利用して
あげてもいいわ
ひどい
言い方だな…
たぬりは
素直じゃない
から…
13才の夏…
ごめんなさい!!!

こんな使えない
パートナーとじゃ
不安もあるわよね
全くです
携帯に登録
しておいて
あげるから
貸しなさい
お願いします
ひ…久人…
たぬりなんかに
貸したら
何されるか
お前よりは信用できる
はい
入れて
おいたわ
ありがと
直接的な協力が
どれだけあるかは
わからないけど
必要があれば
どうぞ
…ああ

お!
終わったか
うん
かも兄…
ん?
えっと…
ありがとう
俺はなんも
してねーけど?
それでも
頼りに来て
よかったよ
これが
偶然でも
あの子のこと
よろしく
なんか
久人から聞くと
おかしい感じだな
俺からも
あいつのこと
よろしく
頼むわ
はは…
変なの
強力な仲間を得た
この時はそう思ったんだ

結局いつものメンツ。