ホリディドゥ高崎


ちょっと駅からは距離があるが ホリディドゥ高崎 さん。

立地
まずは何も言わずにこの窓からの風景をご覧いただきたい。



控えめに言って最高ではないだろうか。

後述もするが店の類も多いので過ごしやすいがとりあえず宿から外に出たくない。新幹線見てたい。そういう宿だ。

車で来るべき宿なんだろうが駐車場に入りづらそうなので対象はどういう客なのかよくわからなくなる。

道順
高崎より北高崎寄り。徒歩で行くのはぶっちゃけどうなんだろうってところだがとりあえずあまり普通じゃないルートで向かった。


高崎問屋町で下車して新幹線側の出口を出て進む。
出たとこで写真撮り忘れたのでちょっと行ったところだが振り返って撮ってみた。



そこからはまっすぐまっすぐひたすらまっすぐ進むと新幹線の高架が見えるのでくぐって、沿って右に歩いてみるとある。
途中で少し左折した記憶があるので本当にひたすらまっすぐ行くと宿は左側になるんじゃないだろうか。……と思ったら公園で行き止まるからそっから左にすぐでいいのか。とりあえず新幹線を目指すって考えだったな。

北高崎からは駅を出てすぐの大通りを踏切渡ってまっすぐ。目印はなんだろうな……俺はドン・キホーテで行ったがこちらからだとちょっと遠かったような。マクドか?

部屋設備
重要なので最初に言っておくが冷蔵庫はない。




ハンガーが2つに浴衣。湯沸かしポット、お茶とコップ。箱ティッシュとスリッパもあるな。


でかい鏡もあるので道具はさておき身だしなみは整えやすいな。


枕もとの装置は謎。ベッドはラジオつきのものだ。


風呂はビジホだから普通にUB。
お湯と水両方だして調節するタイプなのでお湯張る時は湯加減は見ような。うっかりやらかして突っ込んだ足が痛かった。


タオルはフェイスタオルとバスタオル。

俺はプランの都合上テレビもエアコンもないがきちんとした部屋なら使えるので季節によって選ぶといいだろう。
リセッシュみたいなのは無かったので必要なら持ってくるほうがいい。


壁にはついてるがリモコンはない。

施設設備

wifiはあったはず。
自販機とFAX、電話コーナーがフロント階にあるな。
ラウンジはいまいちどうなってるのかわからなかった。なんか雰囲気が寄っていいのかどうか不安になる感じで。



自販機故障してたり乾燥機故障してたり中々な残念ポイントも存在する。

給湯室

ないけどお湯は沸かせるのでお茶とか味噌汁とかくらいならいただける。電子レンジはフロントというかラウンジということで弁当は買ってきづらいかもしれない。

アメニティ

石鹸・カミソリ・歯ブラシ・リンスインシャンプー。くしは無かったので注意が必要だな。ドライヤーは貸出があるのでチェックインの時にお願いするとよさそうだ。

価格
エアコン・テレビ無しプランで3000円。部屋の位置はお願いしてここなので他の部屋に当たる確率もそれなりにある。
テレビが無いとその分鞄を置く場所ができるというのが利点だったな。

総評
いいところ

新幹線ビュー!!!
このためだけに数日泊まってもいいくらいだ!
隣にもホテルはあるもののこちらより低いので見づらいだろうし、5階部屋最高!って感じだ。
宿だから退出時間なんて気にせず部屋の電気も消してアダルティな雰囲気で発着を待つこともできる。忘れられない夜をプレゼントしてくれる宿だと考えていいだろう。一部の人間に対してだけだが。
あとこの宿の位置、上越と北陸の分岐部分が見えるのでそういう点でもとてもいいぞ!

しかも飲食店が近くに沢山あるので食いっぱぐれもなければバリエーションが豊富。ファーストフードから肉、ちょっとお高めのレストラン、高崎といえばのパスタ。ラーメンも寿司もそばも、逆に選べないレベルでなんでもある。
コンビニも近いしディスカウントショップも超近いし確かGUもあったな。
ビジネスという点では相当いい環境だと思うぞ。

新幹線横ってことは相当五月蠅いんだろ?と思う人もいるかもしれないが、防音がしっかりされてるようであまり感じないし下手すると東京の在来近くの方がうるさい。本数ないし。

悪いところ
洗濯関係が残念なところだな。地味に痛いだろう。
フロントが2階で、エレベーターに1階のボタンがなかったことから階段だけで上がることになるかもしれない。
距離も相まって大荷物の人は避けた方が無難なところじゃないかな。

実は新幹線、椅子に座ってたら見えないんだ。
机に座ることを良しとするかどうか……ここが気になるかどうかだろうなとは思う。

 

ところでこんなところに泊まりに来る酔狂な関西人なんてそういないだろうと思っていたんだが宿から出る時駐車場に大阪ナンバーが停まっててお前嘘だろ?

湯沢ホテルニューオータニ


新潟越後湯沢の湯沢ホテルニューオータニさん。

立地
駅から7分くらいかな、道中にセブンイレブンあり。主要道路だし観光地だから大丈夫とは思うけど積雪量が多いともうちょっと時間がかかるかもしれない。
付近に飲食店はそこそこあるけど個人店ばかりなので営業時間には注意。特に朝飯を食べるところがない。

道順
まっすぐいってまっすぐいって左折して坂上って到着!しか言いようがない。
駅周りに大きな建物はないので外見写真だけ確認して向かえば楽に辿り着くはずだ。入口が山側にあるのがちょっと大回りになるが駐車場の問題かな。
坂が思いの他キツいので足腰心臓弱い人は送迎使った方がいいかもな。この辺のホテル全部坂の上になるから地味にめんどくせぇ。

部屋設備


和室10畳に板間で広々!!一番低ランクでこれだし、ここに1人で泊まれるところもポイントだよな。転がりまくっても誰も何も言わないぜ!!
部屋の匂いに関してだが、暖房や畳についたタバコの匂いはどうしても取れないものなので嫌いな人は禁煙ルーム一択だな。プランによっては禁煙希望できないようなのでそこはどれを優先するかになるな。
玄関に消臭スプレー(ファブリーズ的なやつ)が置いてあるのでそこはありがたかった。


ホテルが古いだけあって鍵も古い。これは先に知っておきたい情報だと思うんだがなぁ……。安全ではあるけど心許なくもある。




風呂はシャワーのみ。基本は大浴場に入りに行くものなんだろうな。
洗面台は2基、トイレはウォッシュレットつきで部屋に入った際の気持ちに対しては嬉しい誤算。水回りは施設の古さに対して綺麗だし、この新しさは嬉しい。


そして靴箱が異様に大容量。スキー客ってそんなに使うのか……?


備え付けの冷蔵庫は販売機能を付与されたものなので大きさに対して置場は少ない。販売自体は全て自販機に纏めたのか中身は空だ。
涼しい地域だし暖房入れてても飲み物が温かくなるほどかっていうと多分そうでもないし、冷蔵庫の出番はあまりないのかもしれない。実際俺は使わなかったし。


テレビはローカル番組ばかりなのである意味面白いが見るものが無いといえば無い。エアコンは3段階で調節可能、時期にもよるが弱でも暑い程度には暖かかったな。

施設設備
とりあえず最初に、フロントは2階。つまり入口は2階の高さにあるのだ。それだけの坂があるってことだよな、あの町。


インターネットコーナーはフロントの目の前にあって、そのすぐ近くの柱に充電コーナーもある。ケーブルは借りれるのかどうか知らないがコンセントだけとりあえず置いておきますねって感じのところ。
この近辺にwifiは飛んでるが部屋にはネット回線がない。電波の入りもちょっと弱いかな、少なくとも窓際まで行けば問題ないレベルだ。


フロント前にお土産売り場があって商品をみてるとフロントの人がレジで待機してくれる。じっくりは見れないかな……。


フロント近くで新聞もいただいていけるので必要でしたらどうぞ。


喫茶コーナーもあるがいまいちよくわからなくて使ってない。扱いとしてはラウンジなのか?

卓球台もあるはあるんだがフロント横で有料なので中々やりづらい。写真も撮りづらかったのでやめておいた。



自販機は1Fと2Fにあります。飲み物は普通価格~10円20円高いくらい。アイスは17アイスで30円高。どこのホテルもこんな感じだろうけどこの辺は外で買っておくほうがいいな。

大浴場がやはり売りだろう。男湯と女湯が時間入れ替えで異なるものなので両方入っておきたい。
残念なのは露天があるのが片方だけだから朝か夜かのどちらかでしか入れないところか。あと目の前のホテルから露天風呂は見えるっちゃ見える。湯船は屋根ついてるからいいけどわざわざ晴天の直下に入ると多分丸見え。あちらさんの方が後から建ってるっぽいししゃーないとこではある。
脱衣所の中に1台洗濯機があるので洗濯する場合はこちらへ。洗剤は販売があるようだった。
石鹸からボディソシャンプーリンスからクレンジングオイル化粧液乳液オールインワンジェルシェービングフォーム育毛剤ピーリングゲルとオイルリンス?消耗品がとにかく充実してた。くしもスパ銭とかで見るような除菌方法の棚に入ってるぞ。
そういう点では荷物少なくていいことなんだが各アメニティから酒粕的な匂いが度々してたのでアルコールダメな人は使うの避けたほうが安心かもしれん。
塗るグルコサミンとは一体……。




大浴場までの道中と入り口にマッサージが置いてあるが有料のものと無料のものがある。全身は有料、足のみのものは有料無料あるって感じだな。


温泉施設にたまによくある体脂肪とか血液の健康とかを調べる100円くらいの機械は端に追いやられている。

3階がレクリエーション施設とか書いてあったけど別になんもない大広間って感じだったので見るとこは1F2Fくらいか。

アメニティ



お茶菓子の笹雪がひとつ、緑茶とほうじ茶。ポットにお湯満タンと水も満タン。
コップもグラスも4個くらいあったのでゆったりとしたお茶タイムは楽しめる。



浴衣は4サイズだったか、最初はMサイズがあるが合わなければ廊下にあるものを使用可。タオルはバスタオルとフェイスタオルが1枚ずつ。
半纏があるので折角だから着るといい。



ドライヤーがあってシャンプーとかリンスとかボディーソープは備え付けで、コップがいっぱいあってようは普通に旅館してる程度の部屋設備。こういう金庫って出せなくなる可能性をわずかでも考えてしまうと使うの躊躇っちゃうんだよなぁ……鍵自体を渡されたのでそういうことはまずないわけだが。
青竹踏みとか肩こりマッサージのやつとか置いてあって安定した雰囲気はある。
歯ブラシとくし、コットンにシャワーキャップ使い切りのマウスウォッシュがあったりするのがなんかオシャレだ。

価格
入湯税あわせて8000円。これでも時期的には安い方なはず。
HPで予約したらオマケをつけれるってことで物販とかで使える500円券を選択して実質7500円かな。

5000円を超えると消費税が猛威を振るっていくな。財布が痛いぜ。

総評
いいところ
やはり風呂設備ではないだろうか。なんだかんだで露天風呂を併設しているホテルは少ない。下手すると合宿所みたいな宿になる地域だしな。付近に立ち寄り湯も多いが、どうせなら宿でじっくりまったりしたいところだし設備として存在するのがありがたい。
フロントスタッフさんの物腰や気の利かせ方なども良い感じのところで、外観こそ普通のホテルだけど適度に古き良きところだと思う。時代の節目を感じるというか。

温泉地域に来てるんだからネットは捨てろって意味ではネット環境がないのは利点ではないだろうか。悪いのはネット廃人な自分なわけだしゆっくりしたいなら見ないでおくべきアイテムだしな。

このレベルで冬場に単身宿泊をさせてくれるのは本当に助かるんだよなぁ……。

悪いところ

窓からの羨望はあまりよろしくない。新幹線側と山側があるんだが、山側はホテルとかであまり開けてられないし新幹線側もなんだかんだでMAX退役したら見えないんじゃないか?

古い建物だからってのが主な理由だが上の部屋の音がダイレクトに聞こえてくるので、そういうところはあまりだな。
建物とか場所的なとこからやっぱ学生さんが使うことがある宿だろうし、かち合うかどうかって結構重要なところかも。

HOTEL StoRK

那覇:おもろまちにあります HOTEL StoRK さん(2015.10/3~5利用)


立地
おもろまち駅から10~20分、日陰や屋根がほぼないので季節によっては厳しい位置となる。
すぐそばに郵便局や百円均一、スーパーにフードコート等。かなり色々揃ってて下手な東京の宿以上に便利いいな。
国際通りも10~20分、ってなると牧志も行動範囲内。
フェリー乗り場も同程度の距離という中心の中心。
ファミマとローソンがすぐそばにあるぞ。

道順


おもろまちを出たらDFSの方向へ。
DFSを抜けても横通ってもいいんだが、道の単純さを取るか空調の快適さを取るかってところだな。
DFSを抜けたら。または沿って長辺を進んだら横断歩道があるのでレッツ横断。
洋服の青山(2015年ではこれだった)の方へ進もう。
ものすげー地味だけどでかいシーサー飾ってある日本銀行を左手に見つつ、ミスドやらダイソーやらの入った那覇メインプレイスを抜けたら十字路に差し掛かる。
ここまでは駅に背を向けてることになるな。
上写真のローソンのある角まで渡れば左手奥に下写真のファミマが見えるから、ファミマ前の角まで行って右手を見たら看板があるぞ。
どの建物かちょっとわかりづらいかもしれないが、目の前までいけばすぐわかるんで心配は要らない。

店舗で道順解説してると潰れた時が問題だな!
メインプレイスさんとコンビニはそうそう潰れないだろ立地的に!
確実に残ってるのは博物・美術館なんだが、言ってわかる建物じゃない。マヤ文明っぽいやつ。

ぶっちゃけ現地で俺の方向感覚は軽く死んでたんで東西南北で説明できる気がしない。
泳いで遊べる海は南側にあるもの、という思い込みが90度ずらしてるんだよ……。

部屋設備
あの狭さを写真に収めるのは無理があった。
なので写真はかなりわかりづらいと思う、すまん。







室内にはハンガーが2つとスリッパとコップとティッシュと。
ドライヤーと冷蔵庫もついている。
テレビとエアコンも勿論設置。
コンセントは机の横とベッドの枕元に各2口。多分使っちゃだめなんだろうけどエアコンのところが1口開いていた。
あとはリンスインシャンプーとボディソープ。洗顔関係は無いから持って行くか近所で買うかだな。
写真取り忘れたが、シャワーヘッドが大きくて汚れを一気に流してくれるぞ!
ベッドはセミダブルだったんだがロフトということもあり、あまり実感が湧かない。
布団が掛け敷きともに薄めだったのががっかりだが、持ち上げるわけだからそりゃそうだよな。

出かけるたびに鍵を預けることとなるので御注意を。

施設設備
Wi-Fi完備、というか持ってきたもん使うと電波切れる可能性あるから使用推奨とのこと。
LAN接続もできて、ケーブルは貸し出しだったかな。
PCもフロント前で使えるし、貸し出しもある。
長期滞在歓迎だけあって回線問題は優遇されてる。





アイスの販売をフロント前で、自動販売機はアルコールは見つけたがソフトドリンクは外と思っていいのかな。
氷とジュースが1Fで貰いたい放題だから利用するのもいいな。
ジュースを入れるコップは自室のものを使うんだが、いちいち入って出てをするのが面倒ならフロントで紙コップの販売もしている。
問題はどちらかというとエレベーターとか自室前で溢さないかどうかだと思うんだが。




洗濯機と乾燥機は2台ずつ……なんだが乾燥機が1台故障してた。
給湯道具のある場所に洗濯機があって乾燥機は外。
この場所は今だけっぽいんだが、夜は中身見えなくて使いづらいったらない。

給湯室


2Fだったっけ3Fだったっけ。電子レンジとIHヒーター。
ポットも貸し出しができるのかな?
改修中のエリアだったので12月くらいには写真から雰囲気がガラッと変わると思う。

アメニティ
バスタオルとフェイスタオル、歯ブラシ・ボディスポンジがデフォでついてくる。
プランによってはガウンも無料で借りれるそうだ。


使ったものの交換は指定時間までに申告する。

価格
俺のプランが現金払いで一泊2850円。

支払いが対人ではなく機械というのが今時っぽさがあったな。

総評
いいところ
洗面台がすっげー広い。
元々海に行く人向けだから洗いものができるようになってるんだ。
沖縄は宿がちょっと高めに設定されてしまうんだがタオル込みでこの価格はありがたい。
価格に対しての設備はいいほうだと思うぞ。

悪いところ
風呂ないのは疲れ落としがきついかな。
テレビがベッドでしか見れないからよく見る人には向かないと思う。
ロフトとなるのでどうしても狭い印象はあるかもしれない。
ただこれは宿からするとセールスポイントでもあるので悪いところとして挙げるのは間違っているだろうな。

決定的に「これはなぁ……」ってのがあるとするなら、利用するなら改修後だな。
洗濯機問題が地味にきつい。
2015年11月末まで、ということだが大事をとって年明けからを俺はお勧めしておこう。
暑さも湿度も相まって、洗濯できないと色々と不便なんだよ。

奄美旅行記:ホテル編


今回も概観写真撮り忘れました!奄美ポートタワーホテルに宿泊!!
忘れたっていうか、一応あるんだぜ?


夜のは。

低い建物の中にあるんで目立ったな。
ただ空港バスの終点からは距離があるので他のバスに乗り継ぎするか荷物抱えて歩くかになる。
そんなことないだろうと思ったが、車がビュンビュン通る横を行くから体感距離が結構あったな。
最近のホテルを決める基準はタオル・寝間着がついているかどうかなんだが、ここは全部ついてて素泊まり3800円。
市街地圏内でこれは安いほうなんじゃないかな。晩飯が遠いという難点はありはするが、そのくらい。



設備は色々と揃っている。ただし回線は有線LAN。
1Fはwifi飛ばしてます、すげぇ居座った。
この通りカーテンがブラインド&布とガッツリあるので油断すると寝坊するので注意だ!
俺はした、時間勿体無ぇ……。



風呂トイレは普通、ちょいと狭いが。
下水があがってるのか空調がアウトなのか俺の手段が間違ったのかはわからないが常に換気してないとだめな臭いがしてたんだよなぁ。
濃厚な可能性は俺原因なわけだが。


男風呂はこの奥突き当たり。
宴会場のフロアだったと思うんだが、ちょっと入りづらいよな。



旅行者の強い味方、コインランドリーも勿論完備!
完備っていうか、近隣に他のホテルがないどころか店自体存在が軽く危ぶまれるあたりなので無いと詰む。


大浴場の目の前にある自販機(だったはず)。
種類は豊富なので便利だが、便利ってだけなら真横にドラッグストアがあるのでそっちでもいいなぁと思う。

船も見れるという点で俺はよかったと思うホテルだった。
ただやっぱ立地面から目的に合わせると選択肢には入れないべきとも言えるな。朝から晩までぶっ通しで遊ぶなら市街地内のホテルが断然いい。
車レンタルしてるなら有りだが送迎プランだと面倒かもしれない、といったところか。
内容自体は普通なので比較はしないでいいかなといったところだった。

ホテルサンプラザ

大阪府西成区のホテルサンプラザ  (2015.5)

目立ってるし宣伝聞くので行ってみた。
鍵のデポジットが1000円かかるのでスレスレだけ金持ってったら泊まれないので注意してほしい。

立地
新今宮駅すぐ。南海出て左手いってすぐとか、環状線出て右手Uターンしてすぐとか。
とにかくすぐなので迷子ということはまずないかな。

道順
立地参照。看板もきちんと出してるのでわかりやすい。
ジパングさんのほうが目立つという点では埋もれてるところはある。

部屋設備



机とハンガーが2つにテレビと冷蔵庫。
エアコンは西成の同時期建築は全部これなのかな?
扉ががっちりしていて重い。
布団は現在取替え中とのことだが、俺の泊まった部屋は5cmあるかないかの煎餅布団だったな。枕も時代相応な感じ。

施設設備
エレベーターは2機、
コインシャワーの様子は見てないので(あまりフロア間をうろうろしやすい様子ではなかった)清潔感は不明。
風呂はどうしても人が溢れるので時間は考えて使っていきたいところだ。

給湯室
各フロアに、そこそこ大きいものがあった。
ガスがコイン式なのが地味に面倒だが、無いよりはって話だし長期滞在者向けなところもあるんだろうな。
シンクが結構音響くのが気になった。理由は後述。

アメニティ
なし、全て持ち込み。髭剃りだけありはするな。
風呂場に石鹸とシャンプーはあったが販売とはなんなのか。

プランによってはフェイスタオル、歯ブラシ、カミソリ、リンスインシャンプー、ボディーソープ付きのものがあるので持ち物を減らしたい場合はそちらでもいいかもしれない。
レンタルではなく販売なのでタオルはぺらっぺらだったが。

インターネット
無線が飛んでるが情報はエレベーターの中でちらっと見ただけだったか。
エレベーター内の情報が多くて気付くのにちょっとかかった。
予約メールには書いてたが現場で見ないと実際使えるか不安になるんだよなぁ……実際別のホテルでプラン変更されて回線ない部屋にされたこともある。なのでフロントに提示しててくれると嬉しいところだ。
フロントに訊いてね系だったので使ってはいないが、電波は強いらしい。
共同スペースにPCあったかなー?と思ったが無い様子。

朝食
なし

価格
税込み1650~2150円。
ツインなんかだともっと落ちるがシングル1泊だとこんなもん、他とどっこいだな。

総評
いいところ
駅が近くて大通りだから危険も少なめといえば少なめという点だろうか、フロントが扉すぐで常に人がいるから安全性はあるほうだな。
スーパーとコンビニが近いのもいいところ。

悪いところ
ロビーで聞いた話、予約したのは2番館なのに団体が入ったから移されたらしい。
そういうことがあるので系列にとってもこっちにまわされる可能性はある。
女子の風呂微妙だからスパワーかどっかいっとけという話も。男とは大きく違ったようだ。

廊下や給湯室の音が聞こえまくるのと、目の前の信号の音がずっとするのと、南海が真横でアナウンスがあるのと。
こんだけ揃ってて防音が全然されてないのか気になったな。
信号は後からつけられたものなのかもしれないけど、ここまで聞こえるか?ってくらいの音がする。
トイレも学校にあるような石タイルのものなので音が大きく、時間によっては使うのを躊躇ってしまう。
騒いでる奴の声がするかどうかは運になるが、それを除いてもって感じだった。

色々とがっかりして悪い点を挙げようとするとそりゃもう挙がってしまうし(悪印象がついてから目立って見えるようになってしまったものも含めて)、載せるのもなって思って写真撮るのやめたんだが軽く触れるだけはしておいたほうがいいとも考え書かせていただいた。
古めの安宿に慣れてる人なら気にならないところも多いんだろうが、気になる人はとことん気にするところかな。
価格が特別安いわけでもない点から言うと俺はおすすめしない。

Hostel Zen 別館

こちらは別館の記事になります。本館にお泊りの方は参考にしないでください。
でも本館記事書くために泊まりにいくかどうかは不明。

立地
ドヤ街というか、完全定住型ドヤの一部分です。
南千住みたいな新しいホテルで外装綺麗なところはない。
西成の北部みたいな民宿スタイルもない。
今宮戎とかあのへん?の1ヵ月3万くらいで貸し出してるエリアと似た感じ。
西成の宿よりもうちょっと踏み込んだ場所と同じ気配がしたな。
部屋貸しの案内が見当たらなかったんで埋まってるのかどうかは不明。
汚いかといわれると、自転車放置のあたりはそりゃなって感じだけどゴミは下手な道より落ちてないくらい。

道順
石川町駅の元町口から出て中華街とは逆方向へ。
川を渡って大きめの通りに出たら右手にローソンが見えるので、ローソンまで行って大通りを渡る。


そのまま大通りを背にまっすぐ行くと右手に看板がある。

支払い方法について



1F入り口に部屋案内が書いてあります。
その正面に窓があり、管理人室というかフロントというかになってるのですがこちらで支払います。
部屋に入る際に支払ってもいいし、部屋に置いてある封筒に金額を入れて適当な時に持っていってもいい。
代金は丁度を用意しておくと助かるようです。

部屋設備



コンセントは部屋によって違うんだろうけど、俺が使ったところは4つ以上あった。
テレビ下、ベッド横、ベッドについてる分で全部あわせたら7は使えたな。


24インチくらいのテレビとエアコンがあって、ハンガーは3つ。
スリッパが布団の数だけ置いてある。
冷蔵庫無し、施設内にも覚えが無いのでナマモノは注意。
机が物置としてしか使えないようなタイル貼ったやつなので、物書くのには向いてない。
俺の使った部屋にはスタンドライトがあったが、他はどうだろう?
2段ベッドだったのでベッドのとこにも外付けのライトとかあったな。
部屋の電気配線が普通じゃないのか、入り口のスイッチ入れたら1つついて、ベッド横のスイッチ入れたら1つついて。みたいな点き方のする部屋灯だった。

部屋の内装が数パターンはあるだろうから、他の部屋だと違うだろうな。
机に対して椅子があるのかどうかすら違いそうだ。
シングルベッドにあたれるかは運とかタイミングみたいです。

施設設備



シャワーが1Fと3Fに2機ずつ。
海の家みたいな匂いがするところでした、早く言えばカビ。
シャワーは4分お湯出して100円。途中止めれるけど5分止めたら自動でカウント再開だそうだ。
他の人が使ってないところを選んだら湯になるのに30秒くらいかかってすっげぇ損した。

Wi-Fiが飛んでます。
ドライヤーはトイレにありはした。トイレ超綺麗。

給湯室
宿の形式的にあるはずなんだけどあったっけ……。
注意書きに「食器は自由に使ってね」ってあったからあるはず。あったはず。

アメニティ


バスタオルがついてます、あと箱ティッシュとスリッパ。
シャワールームにボディソープとシャンプーは備え付けられてたな。

価格
2400円~。
中華街に行って安くって点ではいいかもしれないけど、これにプラス風呂がかかるのでそこだな。
下手したら普通のビジホのほうが安くついたりするかも。

総評
いいところ
安さと部屋数が豊富なところかな。

悪いところ
清潔感が万人にはおすすめできない。
どの程度かっつーとシーツと布団の間に誰かの髪が落ちてる程度の……。
ドヤとして見れば綺麗な方です、部屋はな。シャワーだけは避けろ、いいから避けろ。
この価格でバスタオルついてるのはありがたいけど使うのに困るというのは、な。

あと、個人的な感想というか忠告というか。
入り口に人は居るものの誰でも気軽に入れるシステムになってるので利用しない人も入り込める。
んでもって鍵開けてる間がすげぇ無防備になるんで、背後から狙われる恐怖はあります。
フロアごとに仕切りがあるとかでもないから、本当にどこへも誰でも入れるんです。
そんな悪い輩はいないだろうと言いたいところだけど、場所的に国籍色々な人も多いしドヤ住みの方が他の地域と比較にならないくらいいます。
その中のたった1人でも不埒な考えの人間がいるのなら、危険な目に遭わせやすい建物のつくりをしていると思います。
万一を考えるのならば、きちんとしたビジネスホテルに行ってください。
徒歩圏内でたくさんあります。
決して他国籍の方やドヤ住み(というのも言葉が浮かばないのであまり使うべき言葉じゃないと思うんですけど)の方を批判したいんじゃないですが、ここは南千住や西成の宿より、宿が客を守ってません。
そしてその立地から、「ここじゃそういうことが起こってもしょうがない」と思われる可能性があります。たとえそれが遠くから来た人間の思いつきの犯行であっても。
せめて利用者だけがそのフロアに入れれば、こんなことは言わないのですが……。
階段目の前にも部屋があるから仕方ないといえばそうなんでしょう。
あと、部屋番号に部屋の利用上限人数も書いてあるのでさらに狙いやすくなります。
「安宿に泊まる貧乏人なんて狙わないだろう」なんてことはないんです。
ここで泊まった後どこかに行く旅行者だというだけで狙う価値はできるんです。
Zen系は建物の一部を借りていることから、宿じゃないフロアの利用者も同じ建物に入ります。
そこまではフロントでチェックしてないでしょう。
こういう意味での治安の不安さは今まで行ったどこのホテルよりピカイチだと、俺は思います。
今までこれといった問題は起きていないようなので杞憂だとは思いますが、自衛できる自信ない人はやめとけ。
フロント、フロント横と階段あがったところに苗字でかでかと書かれるんで、それ気にする人にもお勧めできない。