ネオジパングへの行進

その昔、相棒にVRの世界が出てきたことがある。
足を動かせばVR内でも動くそれは、未来的で。しかし無理があるだろうと言いたいものだった。
何より酔いが酷そうな色遣いにお前それはないわって思った。ぶっちゃけ思った。

さてそんな歩行システムVRの話だ。

KATlocoというトラッカーがある。装着した場所の動きをセンサーに送って足腰膝の追従をさせるものだ。この装置はVR内で歩くことができるのを売りにしている。自由移動できるゲームなら使えるようになるとかならんとからしい。

基本はユーザー側にUnity(開発ソフトだと思ってくれ)で追加するらしいが、ゲームの機能として既に入っているのならユーザーはメニューからオンオフ入れるだけだろうし、装置を足首につけるか太ももにつけるか靴につけるかするだけだ。

……足移動がデフォだとトラッカーを最初に購入する必要が出てくるんだが、導入の敷居が高い(3万くらい)からコントローラー移動も平気だと思いたいがどうなんだろうかあの世界は。


つまりあの世界は現実に不可能ではないわけだ。

問題は日本家屋のどの部屋でどうやってそれを使うのかなんだが。そうでなくとも勝手に動いてしまって壁にぶつかるのに足動かすとか確実に動くだろう。

狭い場所で使うための機器も今売られてるが、それを使うとかえって遊べないものもあるので利点と欠点を天秤にかけると微妙なところ。
どうしてもでかいものになるので置き場をどうするのか、搬入をどうするのか。それを使わないで遊ぶ時のスペースが余分に必要になるのではないか。

あと何より準備の量が増えるのが面倒なのと、VRつけててもモニター前に用事ができたりするので固定されるのは地味に困る。VR内でデスクトップ画面は見えるが望む動作はやはりキーボードとマウスの方が手っ取り早いのだ。

前後移動でいいのなら椅子に座って足をぶらつかせれば済む気がするが、足踏みなんだよな。確か。


コントローラー移動が体力的にもとても楽なので、そんなに普及する仕組みではないんだろう。ハンドトラッキングと合わせれば完全に現実と言えるが、現実を持ってくとフィジカルが物を言いまくるから良し悪しがある。

剣戟ゲームのガルガンチュアなんかは腕を振る技能やら反応速度やらエイム力やらが関わってくるから自分の強さの上限を突破するためにリアルで鍛える方向に走るわけだし。
健康になるのは良いことだが、リアルに引っ張られ過ぎると遊べる時間が減ってしまうのでそこなんだよなぁ。

数年前に比べれば未来が来ている感覚はすさまじいが、満喫するには機器だけが未来にひた走っていても意味がないのでは……と思わんこともない最近である。


ついでに言うと最近自分の写真からアバターを作ってくれて、そのアバターの色を変更したりしてアレンジするようなサービスが開発中なので、リアル持ち寄りVR世界というのは今日明日始まるくらいの話になっているぞ。
いろんな人が考えた未来の姿が集約されて現実になっていく様を見るのは、やはり楽しいな!

漉す模す

新しい機器を購入した。
いや、Riftも500時間くらいしか使ってないんだが。お役御免するわけじゃないからいいかなと。500時間とか何遊んだんだ、そんな記憶ないぞ。
ぶっちゃけ今回買ったのは中古だからいつ何が起こるかわからないし、緊急用に保持しときゃ安心だろうしな。


購入したのはViveCosmosだ。
評判通りトラッキングが少々あれなんだが、初期装着のフェイスプレートが別で買えないのでこれを基盤に構築するしかないんだよな。
もっといいのが手頃っちゃ手頃でありはするんだが、遊ぶためだけじゃなくいろんなものに触れたい気持ちがあるので、ただ機能が良いだけじゃ嫌なんだよな。
金よりも経験を優先したい、そう思うだろ?

安く買ったとはいえ、きちんとした環境に組み替えるとパーツが安く売ってないので合計額が桁1つ増える形になるわけだが。
揃え切った状態で類似品と2~3万の誤差くらいなら稼げば埋まるものだから気にしない方が精神にいいぞ!どうせ結果的には欲しくなって買うんだし。……こういうところがガバガバだと言われるんだよ。

正直最初はOculusみたいな赤外線による座標の取得方法だと思っていたんだが、光をカメラで取り込んで認識してるということで、なんだその無駄に処理に時間がかかりそうな方法は。
おかげさまで無駄にコントローラーがでかい。ダサい、ダサいぞ。

感想をざっくり言うと、懸念材料だった腕のトラッキングは奥行きで重ならない限り大丈夫そうだったな。振るだけの動作ならそこそこ激しい動きでも掴んでくれる。

ただ、頭を上下に動かす必要がある遊びだとエリアの設定が行方不明になりがちなようで、それのために腕も反応できなくなってミスを誘発したりだとか、沈んで直ってを繰り返して酔いやすくなったりだとか、そういうのがあるな。
これはかなり致命的だと思う。頭の位置が固定されてるゲームの方が少ないだろうし、酔うから遊べない人も多い世界だからな。

PCがエリア外にあると腕がすっ飛んでしまうようなので、多少危険でもエリア内に入れてしまった方がいいかもしれないな。
ぶつけて壊すのを考えると入れたくないところだが……エリア外だからじゃなく一旦カメラに色々反射するものが入るからダメなのだろうか。確認しておこう。

フルトラッキング(肘腰膝足の追従)についてはベースステーション(外部読み取り機器)がないとダメというわけではなく、別センサーを使ったものがあるのでそちらなら恐らく大丈夫。OculusQuestで使えるのにViveCosmosで使えないってことはないだろう。多分。
ただしどれもPCが必須だったはずだ。完全無線で繋ぐにはOculus……FB社との連携が必要になるから、簡単にはいかないんじゃないかな。
自社開発はしなさそうだからアプローチがあってもいいだろうに。不可能ってことはないだろ。


他人に薦めるならEliteかPro。というかLink接続のQuest2かIndexだな。

Vive系はどうしてもコントローラーに癖があるのが難点だし、ViveとIndexはセンサーの設置が手間だしPCスペックも結構な求められ方をする。Quest2はPCがないとゲーム種類が貧弱なので各々弱点はあるんだよな。

でも安心安定の過剰機能搭載企業向けVR機器としてのViveの強さも、指トラッキング特化で高クオリティなIndexの良さも、手頃でシンプルでユーザー数の多さから拡張性も多様なQuest2も全部いいんだよ。

いろんな気軽さをあわせて評価するなら、やっぱOculusQuest2の性能は段違いなんだよな。準備の簡単さもコントローラーのわかりやすさも持ち運びも拡張性も邪魔なもののなさも。
ただただFacebookという惜しさがあるだけで。
アイトラッキングがしたいだとかバ美肉で配信したいってんならOculusから離脱するか2台持ちになるんだろうが、導入としては最高の機器だよ。

WinMR系はとりあえずコントローラーの詳細をわかりやすくしてくれ。というかお前らの情報がもうわからん。Pimaxがすごいらしい話しか聞こえん。もっと表に出てこい。


ダメそうな感想になったが、初手で買うならオススメしないってだけで織り込み済みとか色々試したい人にはいい機器なんじゃないかな。発売直後から改良はされてるから、前評判よりは全然いいものだったぞ!
俺みたいな機能拡張にロマンを感じる人間にはお勧めする。後のことは考えるな、感じろ。

れっつら新年度

初夏かよ。

と言いたいくらい汗をかく季節になった。春ってこんなに汗かいたか?

最近前以上にVRを積極的に遊んでいるんだが、首が凝ってしまって仕方がない。
鍛えれば軽減するのかもしれないが、首を鍛えるとはどういうことなのか。毎日続ければ耐えられるようになるのだろうか。

首が凝ると流れで肩もダメになるので極力ほぐしておきたいところなのだが、いまいちどうすればいいのかわからない。温めればいいのだろうか、やってみよう。
ついでに言うと眼精疲労が溜まっていくので、そこも含めてしっかりリフレッシュしないといけないな。


先日、過去にいただいためぐりズムを使ってみたんだが、あれはどうなっているんだ。

開始ルールからカイロと同じ原理なのはわかるが、どういう素材でどうなってるのか不思議が過ぎる。脱酸素剤のほうの仕組みとどちらが近いのか、目に使うだけに安全性の高いほうを選んでいるんだろうが、あの商品はちょっとした魔法に見える。

カイロと同じとなると、袋から出した後肌に触れさせずに放置したら熱くなることもないのだろうか。あれは熱源がないと開始しないらしいな?
そう考えると目にその機能をもってくるのはとても正しいことなんだよな。デコから熱が奪えるから効率的に開始ができる。


最近の変化として、ゲームをするようになってDiscordも見るようになったんだが、誤クリックひとつでボイスチャットに参戦してしまうので中々に油断ならない。
参戦前の確認みたいなのは無いんだったか。マイクを切っておくことはできるが、入ること自体が申し訳なさを生むので入場キャンセルをしたいところだ。

この感覚はROで誤打してチャットに入ってしまった時の感覚と同じものだな。道具が変わろうと人の心は何一つ変わっていないのがわかる。
新年度ということで心機一転したいところだが、環境が増えようが変わろうが根は変わらず、過去の経験から例える方法が増えているので、人生は積み重ねなのだとしみじみ感じてしまうのだった。

こんな些細なことで感じたくねーよ。

知識の海に脳を浮かべて誰かと繋がる時を待つ

俺は、俺の知ったことを他の人に伝えるのが好きだ。
何故なら学んだことを共有することにより同じレベルかそれ以上から生まれるものが頭数分増えるからだ。
各々が覚えることに時間をかける必要なんてなく、馬力が増えれば増えるほど未来の可能性は輝いていく。知識は可能性の固まりだから、独り占めするものじゃない。そう思ってるんだ。

なんでこんな話をしたかと言うと、最近あまりにも高クオリティなツールが無償配布されすぎているからだ。
有料ソフトを買わなくともある程度のレベルはクリアできる、そういうものが両手足で数えて指が足りないほどに世の中に存在している。

オフィスソフトもお絵描きソフトもアニメーションソフトもゲーム作成補助ソフトも3D作成ソフトも、なんでもかんでもだ。音楽ソフトなんかは昔からその傾向があるな。本格的になると外付けの道具が必要だからだろうが、ソフト面は優遇されていた記憶がある。

おかげさまで貧富関係なく何万人もの人が趣味として着手し始めて、多少見知った程度では技術と言えなくなってしまうのではないかと不安になるほどだ。

技術の固まりである道具をフリーソフトとして出してる人たちはどうしてそんなことができるのだろうと考えた。

世に出る物の数が増えて発展が進むと自分に利点があるから、ならばわかる。俺だってそうだ。
作れば、伝えればそれは倍々に広がって自分が楽になったり楽しめたりする。だからそうしている。

たとえばガン解析プロジェクトに自分のパソコンのメモリを使ってもらうように、今度は人間の脳をターゲットに同じことをしているだけかもしれない。
決して悪いことではなく自由意志で、害もなくwin-winでそれができていることが大きいんだ。

宣伝もあるのかもしれないが、それ以上に知識の共有による処理量の増加を求めているのではないか。
人によってセンスも着眼点も違うのだから、人の数だけ様々なものが生まれる。そしてそれを見てさらに次の技術や利便性が生まれ、未来への速度が圧縮されていく。
そしてその分、新しいことを開発する時間が多く残されるわけだ。

20年かけた進化が5年で終わる未来がもうとっくに来ていて、あとは物資の都合で短縮できないだけ、なんて状態になっているかもしれない。
資源は減る一方な現代ではあるが、それが解決した先に待っているものはどれだけ大きなものなのだろうか。無から生み出される無限がそこにあるかもしれないと、わくわくしてしまう。

樹海村(ネタバレ感想)

を、少し前に見てきた。コトリバコ系と言うので、それに釣られた形になるがザックリ言うと

因果がわからん。

いや、わかるんだ。わかるんだよ、ランダムポップってのは。
2度目の当選おめでとうございますってのは。
でも解呪を試みようとするなら強めの因果があってもよかったんじゃないかなってモヤが残る。

コトリバコも一応因果が関係者にあっただろ。だからそういうのがあるんだろうと少し期待してしまうんだろうな。
それでさらに運命的な遭遇だってんだから縁強いものだと思うだろ。なのに何も、何も見えない。俺はどこを向いているんだってくらい見えない。ここはどこだ、匣の中だ。

でも思ったよりちゃんとホラーしてたぞ。「あれ?」って思うところや、違和感を覚えるところはきちんと直後に結果を描写してくれていた。
だが、決してしつこくない描き方だったので脳裏に残ってずっと怖いってわけでもないから安心だ!

主要キャラの人格を掴む前に進んでしまうのが合わないってのはありそうだ。愛情深いとか勇敢とか、過去や家族関係に何かあったのを明確に描写してくれるって感じじゃないので、ぼーっと見る形になってしまう。

痛い描写は直接的じゃない。
……と言ってしまうと嘘だな。直接的ではあるが距離を置いたりぼかしたりしてくれるので、グロ耐性が多少あれば大丈夫じゃないか?そうでなくとも先が読めるので目を背けることはできる。
切断面ですらダメってんなら避けるべきだし、虫も大いに注意だ。
ちなみにだが直接描写があるのは男だけなので男にフラグが立ったら目を背ければなんとかなる

この映画はホラーなんだが、見る順番によって大分ホラー性が減るのではないかと思う。

俺はこれの前に鬼滅を見て、さらにその前にはアニメ鬼滅も履修していったんだが、そのBGMのひとつがこの映画の怖いシーンのBGMと同じような感じのものでどうしてもそちらがチラついてしまって怖くない。
ホラーの怖い部分は音に大きく依存するというのに、これでは駄目だ。

逆に言うとSEでは驚かせてこなかったので、耳はとても安心な作品だとも言えよう。

ホラー作品を全然見ない俺でも先を予測して避けれるくらいには気楽に見れる作品だった。
こういう系統なら犬鳴村も見れそうだな。

あけましておめでとうございます


2020年は色々あったりオリンピックがなかったりコミケがなかったり需要と供給が大きく変わったり年を跨いで傷を残したりと色々だったが、無事2021年を迎える事ができたので盛大に祝っていこう。

更新したりしなかったりムラが多いサイトになってしまったが、今年ものんべんだらりとやっていくのでよろしくな!

…しかしVroidの背景画像まわりの設定がわからねぇ。拡大縮小させてくれ。