TGS! TGS!


TGSに行ってきた。とはいえVRの方だ。

ブースは広いところで10m四方、小さいところでも2m幅は確保できている。縦も天井まで使っていいし、地下もいいらしい。
全体がそんなに広くないので参戦企業はそんなに多くない。物足りない感じもするが、酔うことや所要時間を考えるとありがたい。

 

Quartzエリア

薄暗い洞窟だ、鉱石がよくとれるぞ。


KONAMIは遊戯王のブースだったが、ここは是非行ってほしいと熱くなるくらいにすごかった!
カードに触れると召喚されるモンスター、4体だけだから少ないんだがそれでも見ごたえ充分!
近すぎて全体が見えないのがソロではちょっと悲しいから、誰か俺のかわりに召還してくれェ!
ホープは動かなかったものの、ZEXALの世界を垣間見た気分になったな。

スクエニは画廊、美麗な天野さんの絵を大迫力で見れるのはいいが、そこに新作のクラウドたちの3Dモデルが設置されててどのくらい細かく描きこまれてるかもわかって、どちらも見ごたえがある。

metaaniというブースがとても一般のイベントで見るような、キャラクターに絵をベタ貼りしてるマスコットを設置しているとこだったんだが、貼ってある絵が細かくてとてもとても気持ち悪かった。
いつ・どこからスタートしたんだろうか、こういうのは。好きな人は好きなんだろうが、ちょっとゾッとしてしまうんだよな。


Surviosさんもきていたな。
こじんまりしていたが、CREEDでよく見るあのキャラやそのキャラが動画にいたりして「これはまさかよく俺が殴りかかるあいつなのか?」と、美麗になってるぶん記憶を疑ったりなどしていた。
いやそんなまさか、で存在をちょっと忘れてたとは言えない。


DYSCHRONIA:CA!クロノスシリーズの会社さんだな、VRで日本の会社といえば安定したクオリティで出す大手さんだ。
ここのゲームは価格もお高めなので手をだせてないわけだが、ノベルゲームが好きな人は好きなタイプの作品が多いな。
ディスクロニアについてはswitchでも出るそうなので、VR機器やゲーミングPCを持ってないといけないということがなくてお手軽な印象だ。
VR版は3作に分かれるがswitchでは1本にまとまってるとのことなので、そこも手を出しやすい。

 

Forestエリア

木々のある明るいエリアだ、風が気持ちいいぞ。

セガアトラス&バンナムはキャラフィギュアと動画くらいしかなかったんだよなぁ。
場の雰囲気というのもあるんだろうが、ガッツリ仕込んでるとこ見た後に寄ると見どころがないなーと思ってしまう。
折角だからテクスチャの細かいところとかを見まくったが、それくらいしかできなかったなぁ。


環境省はまぁるい地球が四角くなる、デジボク空間だった。
全体的に小さくて、他のブースがでかいとこばっかだからレゴワールドにでもきた気分だったな。


イマクリエイトのGroove Fit Island!!は体験版を遊んだことがあるが、汗だくになるし筋肉痛になる良いゲームだ。
地下を使ってたのはここくらいかな?珍しいところだった。
ゲームの起動と同じような動作をさせるから体験ができるのかと思ったがそんなことなかったぜ。デスクトップで入る人もいるからゲームそのものの導入はできない感じなのかな。
環境省がワンエリアとってってるので端に設置されたここのブースがぼっちな感じでかわいそうであった。

 

Desertエリア

崩落しかけの岩場、そんなところに人を呼ぶな!!ちらりと見える空が暑さを感じさせる。


カプコンはストリートファイターの新作が出るからそちらを推していたが、それよりもでかい恐竜!でっけぇ!!!本当に推したいのこっちじゃないのか?!
触れたりすることはできないが上から眺めることもできたな。でも下から眺めるのがやはり本懐。
エリア入って早々に咆哮あげられるのは無音だろうが勢いがあってとても良い。
ただちょっと、エリア入口を担当してるにしては物足りないかもなぁ。音くれ音。

MtGはスクエニと同じく画廊だな。作家さんが複数人なのがスクエニとの違いだろうか。
MtGはイベントごとをすると大体画廊なのでいつも通りといった感想になるだろうか。ステンドグラス風の絵が飾ってあったのでリアル画廊をするなら是非再現してほしいものだ。


コーエーテクモはアトリエの世界だな。建物をまるまる持ってきていてびっくりした。
アトリエシリーズは遊んでないんだが、ゲームからの流用なのかゲームショウのために作ったのか、気になるところだ。
煙突がきちんと筒なのにびっくりした。そこをそんなにこだわるのか。

コジマプロダクションはもっと遊べただろうに主人公の居室くらいしかなくて惜しい。
Gugenkaはアバター販売のための出展か?という感じだったし、ゲームの説明もっとしようぜ??


CharacterBankはルインズメイガス!遊ばねぇと!!!
このゲームは気合い入れて長時間ガッツリになりそうなので中々起動までいってないんだよなぁ。
俺みたいな「遊ばねば……」という人間に向けてか知らんがゲーム内コードが置かれてたので、釣られて起動してしっかり遊んでくれよってことかな。


各エリアにZoneのブースがあって、全力だなぁと思ったりなどした。
量が多くてお得感はあるんだが時間がある時しか飲めないんだよなぁ。


Coreエリア、俗にいう中央。


……の、入ってすぐわきに競艇のエリアがある。どうして独立して存在してるのか気になるところだが、ある。
ここが乗船体験をできるんだが、まぁ当然の如くなお話だ。
体調に自信がある人だけが乗るといい。


ゲームの地層、ファミ通ブース。
流石にネトゲについての話は全然なかったが、何時間も潰せるくらいに居られるエリアだったな。
ひとつの壁に最新の2022年から1年ごとに遡って当時の目玉タイトルや大きなハードの発売やらの情報、その年の売り上げトップ10が綺麗におさまっている。
特にハードの発売情報を見ると、毎年毎年何かしらか出ていて当時の人はよく集めたもんだと驚愕しきりだ。ここにソフト代が入ってくるんだから全ハード買ってる家はやはり金持ちだったんだな。兄弟が多いとクリスマスにお願いできるのでそこで揃えることができたと聞く。親御さんは大変だったろうなぁ。

クイズに答えながら地下に潜るとその先はエンディング、ここは体験してもらうしかないな。クエストも簡単なものとはいえいくつもあり、それをこなしてきていただく形になるのでそこそこ時間がかかるぞ。
3時間は見ておくといい。


時間がなくてざっくりの紹介となるが、今回のバーチャルゲームショウはこんな感じだな。
前回は向かってないので知らないけど、どう考えてもグレードアップしている。
前回は終わった後に一瞬だけ噂を聞いたがぺらっぺらだったそうだな、物理的に。なので今回の作り込みに驚愕した人もいるのではなかろうか。
これがたった4日の開催とは勿体ない話だ。期間が長くても来ない人は来ないから関係ないんだろうけど、平日も含まれちまうとあわただしいんだよなぁ。せめてシルバーウィーク中は開催してほしいと思うのは欲張りなんだろうか。規模がでかくなるとそれもあるかもしれないな。

バーチャルのイベントも増えたもので、今週はこれ来週はあれ、来月もいっぱい!みたいな昨今だが大手を追うだけでも中々満足いくもんだ。
どれもこれも主催の努力と、製作の労力にアイデア、そしてイベントを楽しみにしてくれている皆があってのものだろう。どれもこれも全部大事にして長い間続けていきたいものだ。

さてさて、駆け足紹介となってしまったが今回はこれにて!次回が既に楽しみだ!

スクエア


なんだろう、いつもより椅子が固い。
部屋の角がしっかりしてる。
Oculusのセンサーのケーブルが長い。
どうしたというのか。

尺も丁度いい


スーパーいくたびに声に出したくなる。
これほどまでに草魔法らしい名前の商品は中々ない。

具体名を言わずとも


VRじゃなくても高所に行くのは楽しいのにVRで楽しくないわけがないんだよな。
落下の恐怖は無いが、手間を考えるとできる限り落ちたくない世界だ。

はじまりのMMO『Zenith: The Last City』

世がメタバースに熱を上げ始めた頃、メタバースの民は新たな地へと進んでいた……。

とうとう出たぞ、VRMMOが!!

PTは4人、同時接続者数はサーバー1つにつき最大100人ほどと、それだけで言えばゾンビFPSのAfterTheFallと変わらないが、旅をしてる最中常に知らないプレイヤーが近くにいるのは初めての体験だ。


3Dの世界だし、そんなに広くないんだろ?なんて甘い考えが脆く崩れるほど世界は広く、普通に移動しても端まで余裕で1時間以上かかるんじゃないか?というほど。多分実際かかる。

日曜に始めた俺だってまだ半分も歩けてないので全貌は知らないが、道中絶対にダンジョンを通らないといけないなんてなったら必死で逃げるか諦めるかだ。
スタミナシステムがあるから逃げ切れる気がしないぜ!!

とはいえ敵の配置や行動範囲はお馴染み3DMMOと同じなので、索敵範囲外を歩くようにしたり、アクティブ化したら即座に逃げたりである程度は死なずに遠くに行くことはできる。観光だけでも満足できるような仕様だ。


キャラクターは剣と魔法、それぞれにアタッカー・ヒーラー・タンクがあって計6スタイル(のはず)。レベルリセットされるらしいが途中で変更もできるようなので適当に選んでもなんとかなるな。

ある程度は操作方法もいじれるようだし、遊びやすい。

……が、ノウハウがまだまだ手探りなのでそこが困る!
開始直後のMMOなんだから当然だが、取得ログもないしドロップリストもなく、ネット上で情報を得たいのに情報があまりない。しかも全文英語なので、それこそ小説や漫画にあるみたいに巨大掲示板頼りだ。

回復の使用がクリックで使えるようなものではなく、口元に持っていって食べる必要があるらしい。それを知ったのが昨晩なんだが、どうやらこれまで回復を縛って冒険してたらしい。……なるほどな?

蘇生にアイテムが必要なかったり、ファストトラベルで簡単に移動できたりするので優しいゲームだとは思うぞ。デスペナも体感では存在しない。


敵のクオリティも高いし、スキルを使ってきたりするから適当に殴ってりゃいいわけでもなくて遊びがいがある。
小さいモンスターはまだ見かけてないが、人間や人に似た魔物、プレイヤーより大きなモンスターと実際面と向かって戦えるのはVRならではだ。

DROPは各々のローカルで落ちるから奪い合いにならないし、敵の経験値もそんなに多いわけじゃない、どちらかというとクエストで稼ぐのがメインだから横殴りでギスることがあまりないのもいいな。

プレイヤーの数に対して敵が少ないからこその仕様なんだろう。PT組まないで祭りみたいな共闘も楽しめるだろう。

というかPTを組んでも常に視界内にマップがあるというわけでもなく、存在するマップも範囲が狭いのですぐ見失うからPTとは????という気持ちが強い。
手の甲にマップ自体はあるが常に見れるもんじゃないんだよな。

メインマップにマーカーが出るから合流は簡単になるのと、PT組んでないと仲間の蘇生ができなさそうだから、そのために組んでると言ってもいいかもしれない。


料理システムもある。が、俺がまだレシピを集められてないのでそこはあまりわからないな。レシピの入手方法も含めて情報が足りない。
ハウジングだとかペットだとかは無いので、まったりとは遠い世界ではあるな。そっちに特化したゲームも今後出るのだろう。

スローライフゲームは存在するがネトゲかと言われると違いそうだからな。色々出すぎてて把握できてないので大規模なゲームが存在するのかもしれないが。


同時接続数の少なさからわかるかもしれないが、サーバーの数が多すぎるので偶然友達と会うってことはないから先に話は通しておかねばならない。

鯖移動しても同じキャラクターを使えるので初ログイン時に間違ってもなんとかなるが、すぐに移動できるわけではないので間違えないようにしないといけない。
再ログイン時に間違えた結果一緒に遊べないってのも起こるので細心の注意を払う必要があるぞ。

鯖選択は3桁ありそうな数の一覧からスクロールバーを頑張って動かして選択するかたちになる。これがとても不便でな、改善を待っている。

常にどこかしらかの鯖が満員なので、鯖移動できなかったら遊べない日ができるしキャラ保持で鯖移動はできて当然なんだよな。
二日目からは簡単にインできたが初日はログイン戦争が酷かったらしいな、そこも実にMMOらしい。


酔いはするゲームだろうけど、それなりにVRに慣れてたら半日遊び続けるのも不可能ではない。多分座りながらでもそんなに支障ないだろうしな。

翻訳されてないので、そこをどうするかだが……されていようがなかろうが手探りだから読めなくてもなんとかなるといえばそうだな。どうせ敵の名前も叩かないとわからないし異世界の言語に囲まれたとでも思えば支障ないだろう。

機材によっては充電問題が出てくるだろう。あとは基本ボイスチャットだから、そこが嫌な人とかは合わないかもしれない。ジェスチャーができるからそれで乗り切るのも不可能ではないが。
そう考えるとエモーション機能は欲しいかもしれないな。


今のところ買いきりでガチャやDLCもないので、運営がどう金策していくのか気になるところだ。
頭装備にどういうのが来るのか楽しみだし、見た目装備の枠もあるようなので課金の機会を待ってるぞ!!

それなりにショックが強い


物干し竿を買うのが手間なので突っ張り棒をステンレスパイプで補強して固定してたんだが、固定に使ってる紐が風化して千切れたようだった。
それにしても10cmくらい遊びがあるのにどうして落下したのかさっぱりわからない。
折れたりもしてなければ抜けたりもしてなかった、完全に落下していた。どういうことだ?